2009年11月の記事一覧

リサイクルデザインの紙袋

デイアンドデパートメントというショップでは、デザインをリサイクルするというテーマで様々な商品を開発して販売している。新しいデザインで商品を開発していくのではなくて、オーソドックスでもいいからロングライフで使えるデザインを基本にしている。
そのショップでは紙袋もリサイクルのアイテムとして使っているのです。
紙袋のリサイクルといえば、紙を資源として回収して、それを溶かして処理します。そして紙として再生するのです。ところがデイアンドデパートメントでは紙袋をお客様に提供してもらいます。その紙袋にデイアンドデパートメントのロゴシールを貼りつけてショップの紙袋として利用するのです。
今までにない新しいリユースのカタチですね。
具体的にはデイアンドデパートメントのホームページで写真が掲載されています。

2009年11月24日|

カテゴリー:紙袋の使い方

封筒を手作りする

エコロジーということが社会でも広く認知されるようになってきました。
家電でもエコマークがついている製品が好まれるようです。
またその他の製品でもエコを意識して選ぶ人も増えている。
ゴミの分別や過剰包装を止めたり、また使えるものを再利用することも
増えているようです。
限りある資源を有効に使うために、紙製品は回収して、
もう一度紙として生まれ変わることをリサイクルと言います。
それと少し違うが、紙製品を自分で工夫して別の使い方をする。
これをりユースと言います。
包装紙を取っておいて、また別のものを包むとか、
紙袋を何回も買い物に使うとか、いろいろありますね。
そんなリユースの一つとして、新聞紙で紙袋を作るというものがあります。
それと良く似たもので、新聞紙で封筒を作るというものがあります。
しかし封筒は通常買って使いますよね。
それを自分で作るなんて、初めてだからわからないのが普通です。
そこで今回は自分で簡単に封筒が作れるテンプレートを紹介します。
無印良品のネットショップで販売している商品です。
新聞紙や包装紙などにテンプレートを宛がって切るだけで用紙ができます。
その用紙を糊付けするだけであっという間に封筒が出来上がります。
きれいな包装紙や外国の新聞紙などで作る封筒は個性があってよいですよ。
自分なりに工夫すれば楽しいリユースができてエコに貢献できます。

2009年11月17日|

カテゴリー:紙袋の使い方

紙袋でラッピングする

紙袋を使って簡単にラッピングをする。
紙袋は機能的に何かを包むことに適している。
包装紙で包むよりも手間が掛からないし、
見た目が悪くなることも無い。
それに包装紙で何かを包むのは結構テクニックが必要です。
1回で綺麗に折りを入れてから、隙間が無いようにぴったり包む。
折を失敗すれば折りなおしが出来ない。
なぜなら紙に1回折を入れると折り目がついてしまうからです。
それでも四角の箱ならなんとか包むことができるが、
形の崩れたものや四角で無い物は包むのに苦労する。
その点紙袋は最初から物を入れるように糊貼りされている。
普段はそんなこと考えることはないけれど
改めて思うと便利なものだと気づかされるのです。
この紙袋を使ったラッピングは便利だけど味気ないことも。
そこで簡単に一工夫するだけで見事なギフトになる方法を紹介します。
それはリボンを付けることなのです。
紙袋の上のほうにパンチを使って穴を2個開けます。
その穴にリボンを通して結ぶだけ。
たったそれだけのことで随分見た目が豪華になります。
次のサイトで写真付きで説明されているので参考にしてください。
紙袋ラッピングの小技
紙袋だけでなく色々なラッピングが紹介されているので助かりますよ。

2009年11月16日|

カテゴリー:紙袋の使い方

紙袋のようなトートバッグ

ALL ABOUTで一味違う紙袋として紹介されていた袋です。
一見すると布製にしか見えないトートバッグですが、
実は素材自体が新しく開発されたものなのです。
紙の原料のパルプと不織布の原料のポリオレフィン繊維を混合して、
それを和紙の製法で漉いて作った紙なのです。
つまり原料には紙と布の元を使っているのでどちらか限定できない。
しかし製法は和紙ですから、結局は和紙と位置付けてもいいと思う。
この新素材の名称は「ナオロン」といいます。
そしてナオロンを使って製造された商品ブランドを「SIWA」といいます。
紙でしわが特徴というと、やはり和紙由来の名称と思われる。
このナオロントートバッグの特徴はと言うと
紙袋のように気軽に何でも入れて持ち歩くことができる。
紙袋よりはるかに耐久性がある。
それとリバーシブルで使える点である。この機能は紙袋にも鞄にもできない芸当だ。
もっと詳しく知りたい人はALL ABOUTの
男のこだわりグッズの記事へ

ただし値段は5775円と7245円の2種類です。
紙袋よりは高いです。しかし皮の鞄より安い。
気軽に使えて他人と違う個性の袋がほしい方にはよいかも。

2009年11月13日|

カテゴリー:紙袋の変り種

ウィンドウズ7の紙袋

10月22日に発売されたマイクロソフトのWindows7は良く売れているらしい。
という私もアップグレード版を購入して早速使っている。
OSはVistaも使いこなせていなかったので、
Windows7に変えて何が良いのかわからない。
ファイルにフォルダに最短でアクセスできる便利な機能があるのだが、
全然便利に使うところまでいっていない。
説明書を見て、操作を覚えないといけない機能は使い勝手がよくないと思う。
そのWindows7の宣伝用に紙袋や布袋というグッズがあるというニュース。
シンプルなWindows7ロゴ入り紙袋
紙袋の中央にロゴが印刷されているというまったくベタなデザインである。
もらって嬉しいということも無いが、今流行している話題にはなるかもしれない。

2009年11月12日|

カテゴリー:紙袋のニュース

Powered by
Movable Type 4.261