紙袋を買う

インドの紙袋

ネット通販でインドの紙袋を販売しているショップがありました。
インドらしいデザインが印刷されている綺麗な紙袋が掲載していたので、
他にもあるかなとGoogleで検索してみると結構ありました。

色とりどりのデザインの紙袋
手漉き紙を使ったシックな紙袋
他の用途で使われたものを再利用で作った紙袋
木材パルプ以外の原料の紙で作られたもの

様々な紙袋があります。
そして、その中にはインドの貧しい子供たちが
生活のために作っている紙袋があるのです。
そんなことを日本ユニセフが体験できるワークショップを運営しています。

それについてはまったく否定はしませんが、
日本でも刑務所の勤労義務のために紙袋が作られていたり、
障害があって普通に働けないような人の施設で作業していたり
けっして外国のことではないのです。
外国の貧しい人の話題は目に付きやすいですが、
日本でも学費が払えない児童が増えている。
そして働く場所が無い人も多く入るのが現状です。

そういうところにも目を向けていかないと
日本でも貧富の差が広がっていくような気がしてなりません。

紙袋の話しに戻りますが、
日本でもインドでも紙袋を作る現場の一部は貧しい人が担っているのだと気が付きました。

2010年1月 9日|

カテゴリー:紙袋の変り種, 紙袋を買う

エコに貢献する、おおきな「くまの紙袋」

ほぼ日刊イトイ新聞で販売している永久紙袋

紙袋と品名がついているのですが、ナイロン生地を縫製しているトートバッグです。
紙袋の形状をしているので紙袋という名称になっています。
ナイロン生地製ですから耐久性抜群で長持ちすることから永久紙ぶくろと言います。

紙袋は使い捨てする人が半数以上います。
デザインの良し悪しや材質に関係なく、ショップから持ち帰ったら
二度と使うことがないという人の数が全体の半分を超えるのです。

つまり世の中の紙袋の半数は使い捨てられているのです。
反対に何回も使う人がいますが、それでも20回、30回も使用すると
ボロボロになってきて、破れたり、ヒモが千切れたり散々な状態になる。

しかし紙袋はお気軽に使えます。
持って行くだけの片道使用なら、相手に差し上げても構わない。
落ちたたんで持って帰るのもコンパクトで済みます。

極端なことでは捨ててしまっても大丈夫。
紙袋は物が入れやすく出しやすいという使いやすさもある。
風呂敷の場合は形によって包むことが難しい。
しかし紙袋は入れる物の形にこだわらない。

このように生活の様々なシーンで活躍する紙袋ですが、
それでも使い捨てよりは複数回使用できるほうがよいのです。

そこで紙袋の使いやすさお気軽さを残しつつ、
耐久性を持たせたくまの紙袋は優れものです。

サイズは2種類で大きいほうが850円、小さいほうは750円です。
4色の内の3色は売切れてしまったので、
残っているのはアイスブルーのみです。

新アイテムは、フェルトで少し高くなっています。
紙袋好きな人なら一度見ていってください。

おおきなくまの紙袋アイスブルー850円

2009年12月 7日|

カテゴリー:紙袋を買う